生きづらさの連鎖を断ち切って、自分も、こどもも、大切に。

ひといちばい敏感な子・HSC子育て講習会を秋田で開催

子育てが辛くて逃げ出したい  疲れてポジティブ思考も限界なあなたへ

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/きょうだい児/うつ経験者。2013年生まれ男児の母。

生きづらいママをサポート&生きづらさの連鎖を断つ為の情報を発信します。

HSC親子の安心基地(オンラインコミュニティ)の構築メンバー。

傾聴サービスや講演活動を準備しつつ、ツイッターで、HSP/HSCについて・生きづらさを抱える人・育児に悩むお母さんを励ますつぶやきをしています(@hiroeaaa1976)

 

こんにちは。ヒロタイムズ、ヒロタです。

 

子育てがつらい。

もう疲れ果ててしまった。

出来ることなら投げ出したい。

 

今、そんな思いでこの記事を読んでくれているあなた、毎日本当に頑張っていますよね?

 

日々の育児、本当に本当に、お疲れ様です。

 

疲労やストレスが溜まってしまうと、

  • 起きている時は言う事を聞かなくてイライラするけど、寝顔は可愛いとか、
  • 子どもがいるから楽しめるとか自分が成長出来るとか、
  • 子どもの悪いところじゃなくていいところにフォーカスしようとか、

 

こういうポジティブシンキングが入り込む隙もない気持ちになってしまうこともありませんか?

私は、そういう時がたくさんあります。

 

何一つ言うことを聞いてくれない、

毎日お風呂につれて行くのも、

食卓につかせるのも、

寝せるのも、

日々の暮らしで最低限やらなきゃいけないことをやるのに、いちいち一苦労

 

全然子育てを楽しめなくて、イライラと子どもを叱ってばかり。もう母親業やめられるならやめたい!とまで思ったり。

 

そしてそんな自分に自己嫌悪。。。

『私は母親失格?もっといいお母さんのところに生まれてきた方がこの子は幸せだったんじゃないか?』

なんて、落ち込む。

 

それでもずっと落ち込んではいられないから(←これがまた母の大変なところです。)どうにか自分を立て直して。。。

 

そんなことを息子が4歳8ケ月になる現在まで繰り返してきました。

 

この記事は、本当に子育てに疲れを感じていてポジティブな励ましがかえって負担になるような状態のお母さんに向けて、書いています。

 

(だから、子育てに悩んだ時のポジティブな考え方を知りたい!っていうママが求めている内容とは違うと思います。)

 

育児が辛くて疲れ果てている時、もし、旦那さんの仕事が忙し過ぎて全てをお母さん一人で抱え込んでいるのなら、根本的に解決するためには夫の働き方を見直してもらうこと』・『一緒に子育てしてもらうこと』が絶対に必要です。

 

でも、その実現は今日明日には、難しいことだと思います。

 

だから、この記事では、

  • 読んですぐに多少なりとも気持ちの負担が軽くなるような、心の持ちようのこと
  • お母さんだけでも実行できること

 

を書きました。

 

逃げ出したいくらいのつらさを何度も感じながら、何とか自分を立て直してきた私が感じ、考えてきたことが、少しでもあなたの役に立てたら・・・と願っています。

 

 

【この記事はこんなあなたに向けて書いています】

  • 子育てが辛くて疲れ果ててしまった
  • 周囲のママに比べて自分の育児だけが上手くいっていない気がしてツライ
  • 子育てのストレスが大きくて、子育てを楽しめない自分を責めてしまう
  • 誰かにつらい気持ちを話すと励まされるけど、ポジティブに考えよう!って言われても出来なくて辛い
  • 疲れをとる方法、休憩の仕方がわからない

 

子育てが辛くて疲れ果てた時、ポジティブメッセージは聞かなくてもいい!

辛くて疲れて、当たり前じゃない?

 

今は、常にポジティブで前向きなことが求められがちな風潮だけど、私は辛い時には、『ポジティブに考えようよ!』っていうメッセージを聞くのすら、しんどい。ポジティブに考えられない自分を責められているような気がしてしまう。

 

そういう事が書いてある本を読むのも嫌。例えば、こういうの↓

子どものいいところを見ましょう!大人にとっては都合が悪いような行動でも子どもには意味があって・・・

いいところを見るようにするとイライラも減る・・・

 

こういう本は、もう少し冷静で疲れ果ててない時にはとってもためになるけど、気持ちが限界な場合は、読まない

 

私も確かに、物事をネガティブではなく、ポジティブにとらえた方が気分がいいし、子育ても上手くいくのは間違いないと思っている。

 

だから、普段は何かトラブルがあっても、『そのトラブルがあったからこそ、良かったこと』『トラブルがなかったら学べなかったこと』に意識を向けるようにしている。

 

でも、どんな状況の時でも常に!良い面を見つけたり、ポジティブに考えるっていうのも、不自然な気もしてしまう。

本当に疲れて辛い時に必要なのは、

「私は今、疲れ果てていて、とってもつらいんだ。もうこれ以上は頑張れない」

と、自分の中に自然に湧き上がる感情を認めることじゃないかな?

 

子育てって、『人間』を育てている訳だから、そりゃあ大変だ。

疲れ果てたり、つらかったりする時期があって、当たり前じゃない?

ポジティブになれない時期があっても、当たり前じゃない?

 

私は、もう辛くてしかたないと思う時は、

「私はもうとっても疲れてしまった。今、暗くて力がでない!」声に出して言ってしまう。ただ心で思っているだけじゃなくて、声にした方がいい。

涙がでるかもしれないけど、そういう時は泣いた方がいい。

 

自分で「私はめちゃくちゃ疲れていて、辛くて、泣きたくて、それくらい頑張っている」と自分の感情を認めないと、苦しいところから出てこられない気がする。

 

ポジティブシンキングは一時中断

 

普段ポジティブシンキングな人も、そうでない人も、前向きに考えようと思うけど出来なくて、それが苦しいなら、ポジティブシンキングは一時中断

 

何が何でもすぐに明るくさせようと励ましてくる人とは少し距離を置いたっていい。

 

「ママは笑顔が一番!」なんて、そんなこと分ってるけど出来ない時に言われたって、苦しさが増すだけじゃない?

 

(そういう励ましも必要!と思うあなたは、もちろん、いっぱい励ましてもらってください!)

 

その相手が夫だったら、もう少し(いや、そんな風に思えないくらい苦しいんだよ、って)わかってもらう必要があるけれど、家族でない人なら、そしてその前向きなメッセージが、今のあなたにとって負担なら、今は要らないもの。

 

今必要なのは、苦しいところから立ち直って、子供たちといい時間を過ごすことじゃない?

子育てでストレスフルなんだから、それ以外の負担になることは出来るだけ手放した方がいい

 

自分のつらい気持ちを無理やりポジティブな考え方で打ち消すんじゃなくて、『つらいんだ』って肯定して、自然に気持ちが落ち着いてくるのを待つ

 

そうしたら、またいずれ前向きな考えも湧いてくるようになるから。

 

似たような条件のママと比べない

同じ年の子どもを育てていても大変さは人それぞれ

 

私だけが上手く子育て出来てない気がしてしまう。Aさんは、そんなにストレスフルに見えないし、育児楽しそうなのに。。。

  • 子どもの年齢・性別が一緒
  • 実家が遠い
  • 夫の帰宅も遅い

 

例えばこんな風に、育児している環境が近い人がそばにいて、その人が深刻なや悩みもなさそうに、楽しんで育児をしているように見えると、

◆自分だけ上手くいかない?

◆自分のやり方が悪い?

 

と思ってしまいがち。

 

でも、『同じ○歳の子ども』と言っても、一人一人全然違う!大人だって、同じ年齢で同じ性別だったら、みんな似たような行動してる?そう考えたら、絶対にそんなことない!と分かるはず。

 

子どもは特に成長段階で、その成長スピードはその子それぞれ。(そして早ければいいというものでもない。)出来ること、出来ないこと、言葉の理解能力とか自制する力も同学年でも全然違って当たり前だし、例え誕生日が近くても、育ち方は一緒じゃない。

 

素直に言う事聞く子、自分の意思が強い子、いい悪いじゃなく、違いは絶対にある。

(息子は0歳代から自分の意思がめちゃ強い頑固な子だったから、『2.3歳になって言う事聞かなくなった、イヤイヤ期だから。。。』なんて話を聞くと、私はびっくりする。言う事聞いてた時期とか、彼には今のところ、無い。。)

 

更に、ママの体力・気力・精神力もそれぞれ違う。

 

加えて、親子とは言え、母と子の『相性』によって、育児の大変さも全然違うと思う。

母子ともにマイペースな性格で、それぞれ違うペースなのに自分のペースで進めたい、となったら、摩擦はたくさん起こるし。(我が家です。。)

 

だから、同じ年齢性別や環境の他の親子と比べない方が、絶対にいい

 

家でのこと・心の中のことは、他人には分らない

 

上手くやっているように見える人も、家では大変かもしれない。子どもだって大人と同じように、外と家では違うことも多いと思う。

 

それから、大変でも、大変さを見せたり愚痴を言ったり絶対にしない人もいる。そういうお母さんは強くて偉い、っていう話じゃなく、そういう人もいるっていうこと。

 

だから、一見して大変そうとか、大変じゃなさそう、なんてことは分らない。そういう意味でも比べるのはやめた方が、自分の精神衛生上いいと私は思っている。

 

更に、比べる対象の家庭が

  • 自分ちよりたくさん子どもがいる、とか
  • 相手は旦那さんが単身赴任、とか

 

相手の方が大変だろうに、自分の方がつらそう。。。なんで?

なんて考えるのも、やめた方がいい。

 

母子一対一だからこそ、煮詰まる、ということもあるし、本当によその家庭のことと比べてもしょうがない。

 

元気な時に、「あのお母さん頑張ってるな~私もがんばろう!」と前向きに励みにするならいいけど、『比べると自分はダメだ』と思って自分を追い詰めるような比較は絶対にやめた方がいい。

 

楽しめてないのに毎日やってるって、えらい

 

特にママになりたての時、挨拶のように交わされる言葉、『子育てを楽しみましょう!』

 

産後、息子の夜泣きがひどくて睡眠不足でフラフラだった時期、本当にこれを言われるのが嫌でした。

 

『いやいや、楽しくないことの方が多い、っていうか、寝てなくて激やせして辛いのに、楽しむ余裕なんてない!』

って言えないから、心とは裏腹に、

『楽しみましょう。。』と答えていたなぁ。

 

辛い時って、他意のない当たり障りない挨拶みたいな言葉さえ、心に刺さることがある。でも相手に悪気はない言葉だから反論もしにくい。もし、これを読んでいるあなたが同じように感じていて、『私だけじゃなかった』と思ってちょっとでも気が軽くなれば。。と思って書いています。

 

今は、『楽しいこともある。でも楽しめないことも多いのに毎日やっているのはえらい!』と思うようにしている。

あなたも、がんばっている自分をそうやって褒めてあげてほしい

 

子育てがつらい時は、子供と離れる

 

とにかくこれ、大事

 

イライラしたり疲れたりしている状態で無理に子どもとの時間を作ってもいいことは一つもない

 

短い時間でも、いい気持ちで一緒にいた方がいいに決まっている。

 

とにかく、子育てに疲れているなら、全力で自分時間を持った方がいい

 

家族に頼めないなら、預かり保育を利用しましょう!もちろん、預かり保育はタダじゃないから、経済的な負担はある。

 

でも、母親がストレスでイライラしながら(または疲れ果てた状態で)子供と一緒にいる状況なら、貯金崩してでも預かり保育を利用した方がいいと私は思ってる。

 

特別な用事がなくても預けていい。

疲れてしまったらちゃんと休息をするのも、お母さんの役目!

 

疲れ果ててしまった時には、休息と自分の時間を!

『やるべきこと』じゃなく『すごくやりたいこと』でもなくて『ちょっと休憩』

 

一人時間を持ったら、何よりも優先するべきは、落ち込んだ自分の気持ちを持ち上げることパワー充電だ。

 

私は、ものすごく疲れたな、と思う時、普段はあまり行かないコンビニに立ち寄って、雑誌コーナーを覗いたりする。

 

しっかりした目的なくぼんやりと好きな雑誌を眺める、というようなダラダラとした時間は、疲れた心にけっこう効く。

 

だから、疲労でパワーが落ちた時は必ず、私はたとえ、やるべきこと、やりたいことが山積みでも、あえてダラダラするようにしてる。

 

子育て中の多くの人がそうだと思うけど、私も『やるべきこと』が次々と押し寄せてくる。やりたいこともたくさんある。何となくのんびりするなんて時間はほぼ皆無。

 

『やるべき』ではなく『やりたい!』と強く願うほどでもないけれど、『あると快適なゆるい時間

 

そういう時間があるのとないのとでは、気持ちのゆとりが全然違って、その時間が全く取れないと疲労が蓄積してしまう気がしている。

 

だから、もう疲れ果てたと感じた時には、『やりたいこと』より、『ちょっと一服』的な要素があることの方が、私の場合、疲労回復につながったりする。

 

『やりたいこと』はパワーを使うからかな。。

 

毎日思うようにならないことばかりの子育てで、疲れがたまり過ぎた時に必要なのは『自分のペースを取り戻せる時間』と『休息』だと私は、思ってる。

 

せっかくコンビニに行ったら、ちょっと贅沢してスイーツも買っちゃう。(←好きな人は)とにかく自分に甘く!

 

とにかくダラダラする

 

家に帰ったら、コービーを煎れて、コンビニスイーツ片手に、読書。

とにかく、ダラダラして休息する。

 

こういう時の読み物選びは、すごく大事。

 

疲れない内容のものを!個人的にはネットじゃなく本、雑誌などの紙をめくりながら読む方が、リラックス&パワー充電効果は高いと思う。

 

そして、しばしゴロリと横になる。

 

気持ちが疲れている=身体が疲れている』ことが多いので、日中少し、目をつぶって身体を休めるだけで、気持ちの疲れもほぐれてくる

 

とにかく自分の自由な時間を確保してのんびりする時間をちゃんと取ることで、『もう何もかも投げ出したい』くらいの疲労感からは抜け出せることも多い。

 

(家でのんびりするより、買い物に行ったり外に出た方がリフレッシュ出来るなら、自分が一番心地よくて気分転換出来る時間を持つことが一番!)

 

放置していた『細々としたそのうちにやるべきこと』を片づける

 

少し動ける気になった時に私がやることは、

『そのうちやったらいいから、今日やらなくてもいい』と思って後回しにしていた細々とした用事を片づけること。

 

  • 痛むわけじゃないけど、治療した方がいい、と言われている歯医者の予約、とか
  • ずっと放置してた昔作った銀行口座の名義変更とか、
  • 積み重なった書類の整理とか

 

食事の支度とか洗濯とか毎日必ずやらなくちゃいけないことの他に、こういう細々とした『やるべこと』って結構ある。

 

絶対的な期日が迫っている訳じゃないと、本当はすぐやりたいけど日々の忙しさの中で後回しにしがちなこと。

そういうことを思い出すと「あっ、あれやらなくちゃ!」と、ちょっとした気持ちの負担になる

 

あ、あれ、やらなきゃ!

 

あ、あれ、やってない。。。

 

こういうことを片づけてしまった後は気持ちが軽くなるという経験、ありませんか?

 

もちろん、疲労感が溜まり過ぎる前に、片づけるのが一番いいんだけれど、

(リスト化して貼っておくと忘れにくいけど、本当に追われまくってると忘れてなくてもやる時間が取れなかったりするから。)

 

すごく疲れてしまって、普段の『絶対やるべきこと』をしばし放棄した時には優先順位を上げてやっつけてしまうと、スッキリして自分のペースを立て直せたりする。

 

(とは言え、疲れているんだから、全部やらなくてもOK。少し片付くだけでも気持ちが軽くなります。この時は、これだけ出来た!と出来た方にフォーカスしましょう!

 

イライラして子どもを叱り過ぎてしまうのが辛いなら

 

◆イライラして子供を叱り過ぎてしまう→そこまで怒らなくても良かった。。と後で自己嫌悪に陥る

または、

◆イライラして子供を叱り過ぎてしまう→怒られた子どもが泣いたりぐずったりして収集がつかなくなる

 

イライラのコントロールは子育てにおける大きい課題!こういうことを毎日繰り返していると子どもと過ごす時間はすごく辛くなってくるから。

 

子育て中のイライラに悩んでいるお母さんには、是非、「アンガーマネジメント」を知ってほしいと思う。

 

子どもを怒ってしまったから後悔するというより、『そこまで怒らなくていいことに対して感情的に怒ってしまった』から、自己嫌悪に陥る

 

アンガーマネジメントを知ると、適切に怒るべき時には怒り、不必要な時には怒らないように自分をコントロールする手段が分ってくる(←そうは言っても、私もまだまだ出来ていない、でも知らなかった頃に比べるとずっと上手くやれるようにはなった。)

 

『子育てのミカタ』というサイトに、わかりやすい記事が掲載されているので、興味があれば是非→子どもにイライラしても、もう怒鳴らない!怒りをコントロールする方法

 

まとめ 子育てが辛くて逃げ出したい  疲れてポジティブ思考も限界なあなたへ

 

今、子育て頑張り過ぎて辛い、逃げ出したい、疲れ果てている、もうポジティブ思考も限界、そんな状態のお母さんに向けて、今日の記事を書きました。

 

 

【すぐに出来る心の負担を軽くする方法】

  1. 無理にポジティブ思考にしない
  2. 疲れ果ててつらい気持ちを認める
  3. 人と自分の育児の大変さを比べない
  4. 自分一人の時間を確保する
  5. とにかく休息する
  6. いつかやらなきゃ、と溜めていたことを片づける
  7. イライラをコントロールする方法を知る

 

 

一つでも二つでも、あなたの役に立ちそうなことがあったら嬉しいです。

 

とにかく、今は休息が必要だから、自分を責めず、堂々と休みましょう。

 

どうか少しでも笑顔が戻りますように。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
HSP/きょうだい児/うつ経験者。2013年生まれ男児の母。

生きづらいママをサポート&生きづらさの連鎖を断つ為の情報を発信します。

HSC親子の安心基地(オンラインコミュニティ)の構築メンバー。

傾聴サービスや講演活動を準備しつつ、ツイッターで、HSP/HSCについて・生きづらさを抱える人・育児に悩むお母さんを励ますつぶやきをしています(@hiroeaaa1976)

Copyright© 母も子も幸せになるためのブログ , 2018 All Rights Reserved.