HSPママがつづる、HSC子育て、親育ち、子育ち、生きづらさを手放すヒント

HSC子育て講習会、秋田でやっています

朝、着る服が決まらない!を解決 気温に合う服装をさっと選べるワードローブの作り方

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
育児がつらくて逃げ出したかった時期を経て、今は家で過ごす5歳長男との毎日を楽しんでいる人。

HSC親子の安心基地(オンラインコミュニティ)に構築メンバーとして参加していました。

秋田でHSC子育て講習会やHSPママの集い場を企画中。

誰もが生きやすい社会を作りたい。

HSP/きょうだい児/うつ経験者。

ツイッターで、HSP/HSCについて・生きづらさを抱える人・育児に悩むお母さんを励ますつぶやきをしています(@hiroeaaa1976)

こんにちは。ヒロタです。

 

朝、服が決まらない!というのは女性なら多かれ少なかれ経験していると思うけれど、私も以前は毎日、その日着る服が決まらなくてイライラ、バタバタしていました。

 

服はたくさん持っているのに、今日着るのにちょうど良い服がない

買ったばかりのこの服も違う、お気に入りのこの服でもダメだ…

 

何とかこの朝の服が決まらない問題を解決したい!と思い、その理由を考え続けたところ、決まらない理由にはパターンがいくつかあると気が付きました。

 

今回はその中で『今日の気温・天気に合う服がない』パターンについてのお話です。

◆今日の気温に合う服がない

 

今日の天候にあう服がない!

 

これは私にとって、朝着る服が決まらない理由の堂々?第一位です。

 

このニットじゃ寒いかもしれない。でもこっち着たら室内では暑そう…

このニットの上に何か羽織りたいけど、合うカーディガンがない…どうしよう…

こんな感じで朝の貴重な時間がどんどんどんどん…過ぎていく(涙

 

寒がりな上に暑いのも我慢したくないという、我ながらやっかいな私の移動手段は、徒歩や自転車がメイン。だから、外と室内の気温差にも対応出来ないと結構つらいことに。

 

これについての私の解決策はずばり『重ね着しにくい服は買わない!』ことでした。

 

寒がりに重ね着しにくい服は要らない

 

温度調節には脱ぎ着が出来る服装が一番です。上に羽織りものが着にくい服は寒さ暑さを我慢出来ない人には向きません。

 

特に袖のデザイン性が高いものは要注意です。

 

ざっくりニットや一時期流行したドルマンスリーブのニット、袖が広がっている服などは羽織るもののデザインが限られるし、そもそも、そういった服は一枚で着るのが可愛い服です。上に何か着て隠れてしまったら、可愛いデザイン意味なし!

 

そこで新しく買う服のうち、インナーの上に着るもの(ベース)はプレーンなデザインのカットソーやTシャツに絞ることにしました。その上に羽織るものは気候に合わせて使い分けられるようにカシミヤ、ウール、コットンシルク、コットンなどのあったか度が違う種類のカーディガンを少しづつ揃えている最中です。

 

それから重ね着する、ということは、色の組み合わせと首のカタチ(Vネックかクルーネック(丸首)かとかのこと)も大事なのでそこも考えました。色合わせを考えずに素材だけで選んじゃうとまたまた合わせられない!ってことになるので、自分ルールを決めましょう。

 

【マイルールは…】

  • ベースは基本クルーネック。(カーディガンがどんなラインでも合わせられる)色はベーシックカラー(白・黒・グレー・ベージュ)
  • カーディガンの首の形はVでもクルーネックでもOK。色ものは基本羽織りで取り入れる。

 

色もの同士は合わせにくいこともあるので、インナーか羽織りかに決めるとGOOD!

着てみたいけど、ちょっと派手かな?と思う色はベーシックカラーの上に前ボタンを開けて着て。顔周りにベーシックカラーがくるので意外と抵抗なく着られることも多いですよ。
ベースになるカットソーやニットは、コットンカシミヤやコットンシルクが季節の変わり目に大活躍。
コットン100%より暖かくて、ウールなどのように暑くないので、春先や秋口にぴったりです。私はUNIQLOのコットンカシミヤリブニットの黒・白・グレーを3色買いしたら大活躍しています。
まだ肌寒い春先のベースはこれにして、気温に応じてカーディガンやパーカーなどを羽織ると決めたら、劇的に朝の服選びがラクチンに。肌触りも良くてとっても快適。

 

そして要注意アイテムである、袖が広がっていたり膨らんでいたりする服、可愛いけれど寒がりに向かない(と、私が勝手に認定した)服をうっかりお店で見てしまい、どうしても欲しい!となってしまった場合は、この言葉をつぶやくことにしました。

それ、たま~にしか着られないかもよ?いいの?

そうやって自問して、「それでもいい!例え1,2度しか着る機会がなくてもこの服が欲しい!」と思えた時だけ購入すると決めました。最初からそのつもりで購入すれば、1回しか着られなくても「買って失敗した!」と後悔することはありません。

 

でも、実際こんな風に考えてみると、買うことはほとんどないです。だって数千円するニット1回しか着なかったら、

『1回の着用料=服の価格』?!う~ん、ちょっとそれはな…となるから。

 

デザインものはカーディガンで楽しむorセットコーデを準備する

ざっくりしたニットやドルマンスリーブを着たい時は、カーディガンでそれらのデザインを選んで楽しむことに。

 

ただし、ここでまた注意!

 

コートを羽織る季節のものは、手持ちのコートが上に着られるか?をチェックします。(そうしないと今度は着るコートがない!ということに。)

 

唯一、大好きなAラインやぺプラムのカットソーの手持ち服は諦めたくなかったので、それに合わせて着丈が短めで身幅がゆったりしたカーディガンを用意しました。(はおっても裾の広がりが出て、可愛い)

 

最近では『sono』のAラインカーディガンを購入しました。これからは羽織るものでこの手のデザインを楽しむ方向にちょっとずつシフトする予定です。

 

ストールの活用もおすすめ

カーディガンの他に大判のストールなどがあると気温に合わせた服装もしやすいです。

 

重ね着しにくい手持ち服が多い人は、いきなり全部の服を買いかえることは出来ないので、どんな色の服にも合わせやすいモノトーン柄などのストールを一つ買い足すのもおすすめ。素材はコットンとシルクが入っているものだと、どんな季節にも使いやすいです。

 

コットンシルクのストールは少々値段が高いものが多いけれど、活躍度を考えるとコスパはいいと思います。

また、カーディガンなどをストール代わりに首に巻くことも出来ますから、試してみてくださいね。

 

気温に合った服がない!を解消する買い足しアイテム&解消法まとめ

 

  • 重ね着しやすいアイテムを揃える
  • 重ね着しにくいデザインは羽織りもので取り入れる
  • 重ね着しにくいけど、どうしても着たい服は専用の羽織りを用意する
  • 合わせやすいストールを活用する

 

こうしておくと、どの服でもその日の気温に合わせることが出来て、朝の服選びに迷うことが少なく、格段に楽になること間違いなしです。

 

まずは手持ち服で重ね着コーディネイトがどれくらい出来るか?考えてみると、そこから今後買い足す必要があるアイテムも見えてきます。あらかじめ重ね着コーデを2.3パターン決めておくだけでも、朝の支度がスムーズになると思いますよ。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
育児がつらくて逃げ出したかった時期を経て、今は家で過ごす5歳長男との毎日を楽しんでいる人。

HSC親子の安心基地(オンラインコミュニティ)に構築メンバーとして参加していました。

秋田でHSC子育て講習会やHSPママの集い場を企画中。

誰もが生きやすい社会を作りたい。

HSP/きょうだい児/うつ経験者。

ツイッターで、HSP/HSCについて・生きづらさを抱える人・育児に悩むお母さんを励ますつぶやきをしています(@hiroeaaa1976)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 母も子も幸せになるためのブログ , 2018 All Rights Reserved.