HSPママが綴る、生きづらさの連鎖を断ち切るための

敏感・繊細なHSP気質を持ったママ同士のおしゃべり会『HSPママ座談会』開催します

いつも同じ服じゃだめかしら?いつでも好きな服で過ごす幸せ

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
育児がつらくて逃げ出したかった時期を経て、今は家で過ごす5歳長男との毎日を楽しんでいる人。

HSC親子の安心基地(オンラインコミュニティ)に構築メンバーとして参加していました。

秋田でHSC子育て講習会やHSPママの集い場を企画中。

誰もが生きやすい社会を作りたい。

HSP/きょうだい児/うつ経験者。

ツイッターで、HSP/HSCについて・生きづらさを抱える人・育児に悩むお母さんを励ますつぶやきをしています(@hiroeaaa1976)

こんにちは。ヒロタです。

 

突然ですが、みなさんは同じ服を何枚か持っていますか?

私は最高5枚(色違い含む)、同じニットを買ったことがあるくらい同じ服を着たい派。

 

今回は「いつも同じ服」について熱く語ります。

いつも同じ服だとどうしてダメなの?

 

『いつも同じ服を着ている』のを、スタイルがあると捉えるか、おしゃれに手抜きしている!と捉えるかは人に寄って大きく異なると思います。

 

いつも違う服を着ていたい派の理由としては手抜きと思われたくない以外に

  • いつも同じ服だと「それしか持ってないの?」と思われる
  • 昨日と同じ服だと(例え同じ服を複数枚持っているとしてもわざわざ言わないので)「昨日と同じ服だ、汚い!」と思われるかもしれない
  • いつも同じ服だと印象がマンネリ化してパートナーに飽きられるかもしれない
  • いつも同じ服だと自分が飽きてしまう

などなど…

 

自分自身が飽きてしまう、色んなファッションを楽しみたい!という理由で色々な服を持ちたいならいいんです。

 

でも、その他の人にどんなふうに思われるか?が気になって、色んな服を着なければ!と思い込んでいるとしたら、それ、あんまり気にしなくてもいいんじゃない?と私は思ってしまうんです。

 

他人は色んなことをそれぞれ自由に思うもの。どんな風に思われるか?考える必要があることもあるけれど、どんなに考えても全ての人に良く思われるのは不可能に近いことですよね。

 

それであれば、自分自身が快適でご機嫌になれるか?を基準に服選びをした方が、ずっと良い(特にプライベートな時間には)と思う。

 

(そもそもいつも同じ服を着ていることくらいで、何か陰口を言ったり意地悪なことを思ったりするような人は、あなたを大切に思ってくれる人でしょうか?そんな人はもし、あなたがいつも違う服を着ていれば、それはそれで、何か言ったり思ったりするかもしれませんよね。)

 

いつも同じ服を着てみたら

最初にお話ししたように、私は過去に5枚同じ服を持っていました。

 

トゥモローランドのシンプルなVネックのニットで、色は白2枚・グレージュ2枚・ネイビー1枚。一見どこでも売っているようなニット、でも細かいディティールが好みドンピシャリ!で、本当に気に入っていたんです。

 

定価でそんなに買えないので、最初2枚ほど買い、その後セールを待って30%OFFの時、最終値下げ50%OFFだったかで、次々買い足しました。これこそ、私のセール経験一番のいい買い物だったと今でも思うほど。(セールで買い物 失敗ゼロ計画の記事はこちら

セールで買い物 失敗ゼロ計画。本当にセールを楽しむ4つのコツ

その頃、初めて普通のオフィスに勤めて来客などもあり、好きな服を何でも着て働ける環境ではなく、また社員のほとんどが男性で同世代の女性はいなかったので、最初服装にはとても悩んでいました。(それまではデパートで働いていて制服があったので通勤着は自由だった)

 

結局、シンプルな黒のパンツに、そのお気に入りのニットを交互に毎日着て通勤。一見無難ながらも、ものすごく気に入っていたので、ご機嫌度は高かかったです。

 

さらに会社にはこの服、と決めることで、朝、服に迷う必要もなく、肌寒い時に羽織るジャケットやカーディガンにも困りませんでした。

 

気に入った服を制服化することのメリットは大きいです。ベースはこれ。と決めて、羽織るものもボトムスもそれに合うアイテムを揃えます。そうすれば朝、コーディネイトに迷うことなくいつもお気に入りで出かけられるんです。

 

(ちなみにこれは10年以上前のこと。5枚あったニットもヘビロテしていたので、どんどんヨレヨレになり、3枚は既に処分、残りの2枚もこれはちょっと…と着るのを躊躇するお疲れ具合に。それでも10年前のデザインでしかもヨレヨレ状態でも、今見ても、本当に可愛い!と思うほど、大好きな服でした。トゥモローランドではこんな風に、時々大ヒットアイテムに出会えます。)

 

いつも好きな服で過ごせる幸せ

 

いつも同じ服ならいい訳ではなく、大事なのは『いつも同じお気に入りの服』、というところです。

 

もちろん365日同じ、という訳ではなく、カジュアルな普段着ならこれかこれ。会社には、これ。きちんとしてお出かけならこれ。というように、TPOに応じての定番服を決めます。それならいつも同じながらも、シチュエーションによって違うファッションも楽しめますよ。

(私は現在毎日カジュアルな普段着生活ですが…)

 

スタイル抜群の美人でどんな服でも着こなせる、という人はさておき、多くの人は体型や肌色などの悩みがあったりするものでどんな服を着ても素敵に見える訳ではないでしょう。

 

それであれば、自分が素敵に見えない服を色々着るよりも、1パターン2パターンでも、

 

  • 気に入っていて
  • スタイル良く見えて
  • 顔色を明るく見せてくれる服
  • を着た方がずっといいというのが私の考えです。

 

目的はいつも同じ服を着ることではなく、自信を持ってご機嫌でいられる装いで過ごすこと。だからもちろん、自分を素敵に見せてくれる着心地の良いコーディネイトが何パターンも作れるなら、色々着て楽しんだら良いと思います。

 

大事なのは人にどう思われるか?とか、今の流行りか?ではなく、

 

『自分に似合っていて』

『着心地が良くて』

『気分よく過ごせる服』

 

は、どれか?という目線で服選びをすること。

 

ちなみに現在のマイ定番は白のトップス×ベージュのチノ素材のテーパードパンツです。

何枚も持っている中での、ベストオブ定番はこちら↓

(残念ながら、リュックと靴以外はもう同じものを買えなさそうなので、大事にしよう。)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
育児がつらくて逃げ出したかった時期を経て、今は家で過ごす5歳長男との毎日を楽しんでいる人。

HSC親子の安心基地(オンラインコミュニティ)に構築メンバーとして参加していました。

秋田でHSC子育て講習会やHSPママの集い場を企画中。

誰もが生きやすい社会を作りたい。

HSP/きょうだい児/うつ経験者。

ツイッターで、HSP/HSCについて・生きづらさを抱える人・育児に悩むお母さんを励ますつぶやきをしています(@hiroeaaa1976)

Copyright© 母も子も幸せになるためのブログ , 2018 All Rights Reserved.