生きづらいあなたが自分に向き合うための【お話を聴くサービス】

子育てがつらい

細かいことが気になって、悩みがち

 

人付き合いが苦手だけどほんとうは

誰かに話を聴いてほしい

 

心を許して話せる相手が身近にいない

 

ただ気持ちを聴いて欲しい

なんだか生きづらい

ストレスを抱え込んでいる

想いが色々あって頭がごちゃごちゃ!

ついつい子供にイライラしてしまう

自分の子育てに自信が持てない

 

 

 

ただのおしゃべりとは違い、

安心して話すことができる場

提供します

 

【安心して話せる】とは、

下記のような

心配がない状態で話せることです

 

こんな感情を持つなんて

ひどい人だと思われる

 

くだらないことで悩んでいる

と思われる?

 

その考えは間違っていると否定される?

 

相手の意見を押し付けられる

 

ここではそんな心配なく、

お話し頂けます

 

今、

あなたが考えている・感じている

その気持ちに

良い悪いのジャッジをされる

そんな心配なく話せる場です

 

 

自分の考えを整理できます

話すだけで気持ちが楽になります

聴いてもらえる安心感を得られます

自分の中の、本当の想いに気づけます

問題に立ち向かう勇気が湧きます

 

モニター体験してくださった方の感想↓

悩みの原因がわかった~『お話しをじっくり聴く傾聴サービス』モニターさんの声を頂きました

『お話しをじっくり聴く傾聴サービス』モニターさんの声 Vol.2

 

※ただし、人命に関わると判断した場合や、著しく法令に触れる行為については公的な関係機関へ連絡する場合があります。ご了承ください。

 

話を聴くのはどんな人?

 

はじめまして。

お話しを聴くサービスを提供しているヒロタと申します。

心理学子どもの育ちHSP/HSCについて学びを深めながら、5歳男児の母親として日々奮闘中です。

 

少し長くなりますが、私がこのサービスを私が始めるに至った理由と、どんな想いで行っているのかをお話しさせてください。

 

HSPであるが故の敏感さ、自己肯定感の低さ、きょうだいの悩み

 

私自身、人付き合いの悩みや、育った環境からくる自己肯定感の低さに長年悩んできました。

 

重い障がいを持つ弟と共に育ち、また極端に『いい人』であることを求められながら育った子ども時代でした。

 

また近年気づいたのですが、私はHSP(敏感すぎる人)の気質を持っています。

 

■物事を深く考え過ぎてしまう

■感覚が過敏で服が肌に当たってかゆみが出やすい

■蛍光灯などのまぶしい照明で頭痛がおこる

■賑やかな場所に居た後は疲れ切ってしまう

■周囲の人の気持ちに左右されやすく、自分以外の人が怒られているのも強いストレスを感じる

・・・等

 

HSPを知る前は、何だかいつも自分の感覚が周りと違っていたので、”私はおかしいのでは?”と感じていました。

この概念を知ったことで、とても生きやすくなりました。

 

この1年余りで、HSP・HSCは急速に認知が広まっていますが、まだまだ知らずに悩んでいるHSPの方、HSCの子どもとその保護者がいます。

わたしもSNSやブログでの発信を始め、認知を広める活動をしています。

 

重いPMS(月経前困難症)も経験・服薬とカウンセリングを受けた日々

 

10代の頃から、わたしはPMS(月経前困難症)でした。

月経前後の感情の起伏が激し過ぎて、服薬していた時期もあります。

そして、カウンセリングも多く受けてきました。

 

10代の落ち込んでいる時は、永遠に途切れない不安感を持て余して、友人に電話をかけまくって敬遠されたことも。

 

それでもつき合ってくれる友人もいましたが、色々話した後で、

『あんなことを言って友だちを嫌な気持ちにさせていないか?』

そんな心配にかられることもありました。

 

それに、親しい間柄の大切にしたい相手だからこそ、その後の付き合いを考えると打ち明けられない気持ちもあります。

 

そんな経験から、日常の人間関係とは離れたところでも話せる場(それも秘密が守られ、自分の気持ちを尊重してもらえるという安心感のある場所)の価値を感じてきました。

 

カウンセラーの先生には恵まれたと思いますが、いつも話を聴いてもらいながら心のどこかで思っていたのは、「実際に激しい落ち込みを経験していない人に、どれくらい私の気持ちが分かってもらえてるのかな?」ということ。

 

もちろん、話を聴く人が一緒に落ち込んでしまっては、クライアントさんの解決にはつながりません。

大学で学ぶ専門知識が絶対に必要なケースもあるでしょう。

 

それでも、メンタルの問題で苦しんだ体験があるからこそできることがある、と信じて私はこの活動を始めました。

 

交流分析に出逢い、傾聴の大切さに気付く

 

2011年、夫の転勤でそれまで勤めていた会社を辞めた私はカウンセラースクールに通い傾聴技術を学びました。(ここで学んだのは『交流分析』という心理学をベースにしたものでした。)

 

そこでは、自分が長年押し殺していた感情にも気付きました。

 

私は長い間、『怒ってはいけない』という刷り込みを持って生きてきました。

(その時まで、そんな風に刷り込まれているということを意識したことさえありませんでしたが…)

 

でも、そこで『怒り』は全ての人が生来持っている感情で、『現在の問題を解決し、生命や尊厳を守るもの、パワーにもなるもの』だと学びました。

 

生来持っている感情は

きちんと感じて、外に出すと消化されていくもの(溜まらない)

感じること、表すことを抑え過ぎると、身体に影響が出てくる

ということも知りました。

 

だから、どんなネガティブな感情も、

ごまかさずにきちんと感じること

外に出すこと

が、本当に大事なんです。

 

消化されずに内に溜まった感情は、別なネガティブな感情にかたちを変えて、結局自分を苦しめることになるからです。

まずは

  • 自分の気持ちをごまかさないこと
  • 溜め込まないこと

 

ただ話すだけでも人の気持ちはずいぶん軽くなります。

 

でも、もし自分の話を否定されたら・・・

もう話さないでおこう!と思ってしまいますよね。

 

また友人知人に悩み事を話すと、『みんなそうだよ~』『明るくポジティブに考えようよ!!』などと励まされることも多いと思います。

 

もちろんそれは善意の声掛けですし、それで一時的には気持ちがラクになることもあります。

落ち込んだり悩んだりしている時、一般的には、早く元気に明るくなった方が良いと思われがちです。

 

でも、私は、自分の気持ちがざわついた時や落ち込んだ時は、ある意味でチャンスだと思うのです。

 

そんな時に深く自分の想いを掘り下げると、今まで自分がとらわれていた事に気づけたり、自覚していなかった感情を見つめることが出来ます。

 

つまりは自分の生きづらさの基になっているものを知るチャンスだということです。

 

悩みの根っこの部分が解消されなければ、また形は違えども同じ原因からくる悩みを抱え続けないといけません。

 

悩んで、自分の抱えている問題にひとつひとつ気が付く。

 

そこからがスタートだと思うのです。

 

ひとつひとつ向き合っていくと自分がどんな人間なのかがわかります。

より深く自分を理解して初めて、現実をより良いものに変える為の行動を選べるようになります。

 

私自身もそうやって長い時間をかけて、ようやく生きることの苦しさより楽しさ嬉しさを感じられるようになってきました。

 

自分に向き合う手段は色々あります。

一人でノートなどに気持ちを書き出しながら掘り下げて考える方法も一つです。

 

一人では頭がぐちゃぐちゃしてしまう!

誰かに聴いて欲しい!

 

と思うあなたには、この傾聴サービスを使ってもらえたら…と思っています。

 

話しを聴き、一緒に考えます。でも行動するのはあなたです。

私は『誰しも自分の問題を解決する力を持っている』と思っています。

というよりも、自分で見つけた答えしか、本当の答えにならないと思うのです。

 

苦しんでいる時には、誰かに悩みを解消する方法を教えて欲しいものです。

私もずっとそうでした。

 

誰かすごいカウンセラーの所に行ったらこの生きづらさは解消するんじゃないか?なんて考えたり。

 

でもそもそもカウンセリングは、本来、悩みの解決法を教えてくれるものではありません。

 

人生相談や、占い師のところに行けば良かったのかもしれませんが、結局誰に何を言われても、自分が求めている答えは得られなかったと思います。

 

長い時間をかけて私が気づいたのは、『教えてくれる人なんかいない、そもそも私は本当は教えてもらうことは望んでいなくて、自分でたどり着きたかったんだ』ということ。

 

時間はかかっても、”自分で”問題に気づけた、向き合った、それがこれからの自信につながると考えています。

 

お話しの内容やご希望によって、私の意見や思うことをお伝えすることはあります。

 

でも、それがあなたにとって最善なのか?

決めるのはあなた自身です。

 

私は、いいアドバイスをする役割ではなく、ご相談者の方が今抱えている悩みを解決し、今後より良く生きるための方向性を考えるお手伝いをする、というスタンスを大切にしています。

 

お話しの内容について

先日サービスのモニターをしてくださった方から

「重い話で不快にさせないか心配ですが、お話しして大丈夫でしょうか?」とのご質問いただきました。

 

重いお悩みだからこそ、周囲の人にも話せず悩んでいる方は多いと思います。

そんな方のためのサービスでもありますので、ご遠慮なくお話し下さい。

 

お申込み詳細

どうやってお話するの?

 

オンライン通話のZOOMというシステムを利用してお話しします。

全国どこにいてもネット環境があれば、ご利用いただけます。

 

PCまたはスマホ、どちらからでも接続可能です。

 

事前にご説明しますので、オンライン通話を使ったことがない方でも大丈夫です。

 

※スマホでご利用の場合、こちらの記事→『はじめてのZOOM スマホからの設定方法と使い方』から、設定方法をごらんいただけます。

 

※ZOOMの利用料は無料ですが、インターネットの通信費用はお客様負担となります。

 

料金

 

■現在サービス開始に伴い、期間限定価格(~2019年3月末まで【予定・変更の可能性有】で提供しています。

1回45分間 5,000円

→ 1回45分間 3,000円→現在継続して限定価格でサービス提供中です

お支払方法

 

PAYPALの決済でのお支払いをお願いしています。

PAYPALをご利用いただくことで、こちらにクレジットカード番号などを通知することなく、お支払が可能です。

 

※ご予約日時の前日までに決済をお願いしています。

※銀行振り込みをご希望の方はご相談ください。

 

詳細は、ご予約日時確定時にメールにてご案内しています。

 

キャンセルについて

 

ご予約をキャンセルされる場合、出来るだけ早くメールにてご連絡ください。

キャンセルに際しての返金対応に関しては下記の通りです。

必ず事前にご確認ください。

■予約日時前日の16時までにご連絡 (振込

キャンセル料は発生しません

■予約日時前日の16時までにご連絡 (振込

→基本的には別日への変更対応致します。

※どうしても返金をご希望の場合、振込手数料を差し引いた金額の返金とさせて頂きます。

■予約日時前日の16時以降にご連絡(振込前・後関わらず)

→基本的に返金・日程変更はいたしませんが、ご自身またはお子さまの急な体調不良等の場合は、ご相談ください。

キャンセルが複数回続く場合、ご予約をお断りすることがあります

より必要性の高い方へのサービス提供時間を確保する為、ご容赦ください。

 

お申込みの前にご確認いただきたいこと

 

●基本的に、気持ちを話すことが心を楽にするという考え方の元に行っていますが、大きなショックを受けた直後などは、無理にそのことを話すことで心の傷の回復が遅れるという説もあります。

あくまでもご本人の判断のもと話したい聴いて欲しいと思っている方に受けて頂くことをおすすめしているサービスです。

治療行為を行う場ではありません

また、精神疾患があるかどうか?などの診断を行うことは(意見も含め)できません。

その点をあらかじめご了承ください。

 

対応可能日程

 

10:00~17:00の時間内で、対応をしています。

■お申し込み時に、希望日時を第1~第3希望までをお知らせください。

※『〇曜日ならいつでも』『○曜日の○時以降』等の書き方でも大丈夫です。

 

お申込みフォーム

 

下記の問い合わせフォームに希望日時を入力の上、お申込みください。

☆その他、ご不明点などありましたら、質問欄に自由にご記入ください。

折り返し、ご連絡いたします。

※返信には半日~一日程度お時間を頂く場合がございます。

万一、二日間経っても返信がない場合は、何らかの事情でメールが届いていない可能性があります。

その場合は大変お手数ですが再度、お問合せくださると助かります。

お問合せだけも歓迎します

分らないことや不安なことがある方も、下記のフォームからお気軽にお問合せください。

※お問合せのみの場合は、希望日時欄は全て『未定』とご入力ください。

 

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

 

Copyright© 母も子も幸せになるためのブログ , 2018 All Rights Reserved.